ZEHビルダー登録店

神野工務店は、経済産業省のZEHビルダー登録店です。





ZEHの実現・普及は、我が国のエネルギー需給の抜本的改善の切り札となる等、
極めて社会的便益が高いものであり、エネルギー基本計画において、
「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに
新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標が設定されています。  
 





神野工務店のZEH住宅の仕様

スーパーウォール工法(高断熱・高気密・高耐震性能のパネル工法)、高性能サッシで断熱性能を高めて、住宅の隙間を少なくして、エアコン・照明等の省エネ家電、太陽光発電システムをもとに、外皮計算を算出して、ZEH住宅をご提案しています。

ローンの資金計画と太陽光発電システムのシミュレーションをもとに売電価格の算出で、月々の返済額を割り出します。

1. 地震で潰れるような家は、建てない
   繰り返しの地震にも耐える制震テープを仕様しています
2. スーパーウォール工法の住宅にすれば、温度差によるヒートショックを防げる
3. スーパーウォール工法の住宅にすれば、夏涼しく冬暖かい快適な生活が送れる
4. ZEHなら初期コストはかかるが、水光熱費で回収できる

神野工務店の耐震等級3

LIXILプレミアムバリュー + 制震テープ + JIO性能評価耐震等級3 
を仕様して、グレードの良い保証と地震保険割引きがされます。








ZEHビルダーとは、自社が受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEHを含む)が占める割合を

2020年までに50%以上 とする事業目標を掲げています。



2016年度のZEH普及目標率は10%でしたが、

     実績ではZEH普及50%を報告いたしました


今後の2017年度から2020年度のZEH普及目標率は

2017年度20%、2018年度30%、2019年度40%、2020年度50%です


ZEH仕様住宅とは図に表すと下記になります。



太陽光をたくさん載せれば、OKというわけではなく、断熱性能と設備性能を向上して
一次エネルギーを削減した住宅を建てます。

ZEH仕様住宅の設備性能の向上をする対象は下記になります。
(エアコン・照明器具・給湯器・24時間換気システム)



ZEH仕様住宅の一次エネルギー消費量を図に表すと下記になります。



ZEH と NearlyZEH の違いは、太陽光発電の発電量が低くなってしまう住宅です。
図で表すと都市部の狭小住宅等の緩和策ですね。



神野工務店では、高気密・高断熱・高耐震性能の住宅を手掛けており、
ZEH仕様住宅をご提案しています。