引渡式

2018年04月24日
2018年4月24日神野工務店業者会で、完成引渡式を行いました。

仕上がりにとてもご満足していただきました。



完成施工例を後日、更新しますので、お楽しみに♪

完成内覧会

2018年04月21日
2018年4月21日完成内覧会を予約制で行いました。

仕上がりがとても素晴らしいので、カフェがオープンしましたら、ぜひご覧下さい。

内装仕上げ3

2018年04月15日
カウンターの仕上げ中です。

カウンター下にタイルを貼り、カウンター天板は塗装ニス仕上げ

カウンター上部の間接照明がとてもステキです。

内装仕上げ 2

2018年04月05日
造作の洗面化粧台です。

タイルを貼り、洗面台を取付ました。



内装仕上げ 1

2018年03月10日
内装1

腰下に無垢材を貼り、内部の基礎周りを左官で仕上げています。

外装仕上げ 3

2018年03月07日
外壁の無垢材に、キシラデコール塗料を塗布しました。

無垢材の保護になります。

外装仕上げ 2

2018年03月04日
外壁のアクセントに無垢材を張ります。

下地にサイディングを張り、その上に無垢材を張ることで防火をとります。

太陽光発電システム設置

2018年03月04日
太陽光発電システムを設置しました。

今、太陽光発電システムを設置した投資分は、売電料で10年かからずに戻ります。

4月から、LIXILと東京電力の「建て得バリュー」で、太陽光発電システムを無料で

設置が始まります。条件は、新築ZEH住宅・LIXILサッシ・LIXIL住設などありますが、

LIXIL TEPCOスマートパートナーズが10年間の余剰売電収入を得ることになります。

11年目からは、売電が建て主様へいくようになりますが、設置した投資分が戻るから、

始められる「建て得バリュー」かと思います。

外装仕上げ 1

2018年03月03日
外壁はニチハの外壁材を仕様。

溶岩が冷え固まった表情や地殻変動などで現れるダイナミックな岩肌調のホワイトです。




断熱材ウレタン吹付

2018年01月27日
神野工務店では、新築・断熱リフォームには、グラスウールの断熱材は使用しません。

店舗で、気密性能が取れない場合に断熱材をウレタン吹付しました。


神野工務店おすすめの断熱材は、LIXILスーパーウォール工法のパネル材です。このパネルは、ウレタンを工場で圧縮加工したもので、10年無結露保証されている実績のある商品です。

住まいの断熱の大切さを実感していただきたいので、LIXIL住まいスタジオにご案内しています。 お問い合わせください。 
電話 047-492-8362

断熱材ウレタン吹付施工中

屋根下地材

2018年01月16日
上棟も無事終わり、屋根下地施工中です。

屋根下地は、防水シートを敷いた上に、ゴムアスファルトルーフィングを敷きます。

勾配屋根に使用される屋根下葺材として、圧倒的な実績を誇る汎用ルーフィングです。

表面塗装により、墨打線がくっきりと見え、夏場のベタつきを抑えます。

上棟餅まき

2018年01月13日
上棟吉日、いよいよ上棟餅まきの日がきました。

たくさんのご来場を頂き、ありがとうございました

上棟建方

2018年01月13日
上棟吉日、レッカーで材木を釣り上げ、記号番号に合わせて、組み上げていきます。

ガッチリとした柱は、紀州のヒノキ材を使っています。

土台敷き

2018年01月11日
基礎の上には、気密パッキンを敷いて、土台の木材を載せます。

土台の木材には、防蟻剤のエコボロンを塗布しています。

無色透明ですが、まんべんなく施工しています。



※ エコボロンの主原料は「ホウ酸塩鉱物」です。
ホウ酸塩は安定した無機物なので分解されず、また揮発・蒸発することもないため、
効果が長期間に渡って持続し、木材の内部まで浸透させ、シロアリ・木材腐朽菌から木材を守ります。

※ エコボロンは非常に安全性が高いため、シックハウス対策、健康住宅思考の商品です。
身近な所では、目薬やソフトコンタクトレンズの保存液などにも使われています。

基礎工事完了

2018年01月07日
基礎工事完了です。次は、土台引きを施工します。

基礎工事中

2017年12月21日
基礎の立ち上がりに配筋し、仮枠を組みコンクリートを流し込みます。

配筋工事完了

2017年12月18日
基礎工事の骨組み、配筋工事完了です。

次は、耐圧盤の打ち込みに入ります。

住宅模型

2017年12月16日
ニチハのパースを元に、住宅模型を作成しました。

カラーなので、とてもリアルに立体化されるので、完成が楽しみです。

地鎮祭

2017年11月09日
大安吉日、地鎮祭を執り行いました。

地鎮祭は、土地の氏神様を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得ます。

土地の四隅に青竹を立て、その間を縄で囲って祭場となし、斎主たる神職のもと、

建設業者施主らの参列の上で執り行われる儀式です。

祭場の中には木の台を並べ、その中央に祭壇を置き、酒・水・米・塩・野菜・魚等の

供え物をお供えします。


地盤調査

2017年11月06日
住宅ではないので義務ではないのですが、家を建てるときには、必ず地盤調査を行います。

その結果で、地盤保証できない場合は、地盤補強工事が必要になります。

地盤がしっかりしていないと、住んでから不具合が起こりますので、弊社では建てることができません。